FinTech入門

金融・財務・会計科学・技術・環境
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

今、話題を集める「FinTech」。金融とテクノロジーを融合した、この新たな動きについて、日本でFinTechサービスを提供する著者たちがわかりやすく解説した。今FinTechが注目される理由、提供される様々な新サービス、そして未来の世界にもたらされるもの…。可能性に満ちたFinTechの全容がわかる、格好の入門書である。

要約

FinTechが注目される理由

 FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、金融と技術の融合のことをいう。両者の融合が進むことで、新たな金融サービスが次々に生まれ、ユーザーはこれまでにないメリットを享受できる。

 今、そうしたFinTechサービスが生まれつつある。例えば、個人の金融情報をワンストップで見える化する「個人資産管理(PFM)」サービス。

 そして、その金融情報を基に、ビッグデータ解析や人工知能(AI)、金融工学などを組み合わせ、さらに進化した金融サービスが開発されている。資産のポートフォリオを自動的に作成し、個々のユーザーに適した投資を低コストでアドバイスする「資産運用」サービスなどがそうだ。

 ただ、FinTechは、概念としてはそれほど新しいものではない。もともと金融はテクノロジーによって進化してきた。では、なぜ今、FinTechが注目されるのか。主な理由は、次の3つである。

①技術の開発コストの低下

 まず、技術の開発コストが下がった。

 その理由の1つに、オープンソースソフトウエアの進化がある。以前なら、ITサービスを開発しようとすれば、開発言語に習熟した人を雇用して、時間をかけてプログラムを書く必要があった。

 しかし今は、例えば、ライブラリと呼ばれる、先人たちの作ったプログラムがインターネット上で共有されているので、それらを組み合わせることで、新しいアイデアを手軽に試せる。

②サービスを普及させるコストの低下

 さらに、そうやって新しく開発されたサービスを普及させるためのコストも大きく下がった。

 最近ではスマートフォンが普及し、サービス利用のためのアプリをiTunesのAppストアなどで簡単に、しかも安価に公開することができる。

③サービスを使う側、ユーザーの変化

 今や誰もがスマートフォンで、どこにいても最も安い商品を探し、買うことができる。こういった便利さに慣れたユーザーは、金融にもわかりやすさや直感的な納得を求めるようになってきた。そうしたユーザーの新しい金融サービスへの期待値の大きさが、FinTechへの注目度を高めている。

 

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部

ポストコロナの米中覇権とデジタル人民元

遠藤 誉 実業之日本社

アフターデジタル2 UXと自由

藤井保文 日経BP