2013年12月号掲載

アンバサダー・マーケティング

Original Title :Brand Advocates

マーケティングブランド・広告IT・インターネット

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「アンバサダー」とは、ある企業を熱烈に支持し、見返りを求めることなく、ソーシャル・メディアなどで商品の魅力を訴えてくれる顧客のこと。アマゾンをはじめ、彼らの力を借りて有力ブランドに成長した企業は少なくない。本書では、この熱き人々を戦力に変えるマーケティング手法を紹介。アンバサダーをいかにして探し出し、どう関係を築けばよいか解説する。

要約

「アンバサダー」とは

 あなたには強力なマーケティングの武器がある。この武器は、バナー広告や検索エンジンなどよりはるかに影響力が大きい。他のどんなマーケティング・ツールと比べても、10倍は効果がある。

 この武器とは、あなたの会社を熱烈に応援する顧客、すなわち「アンバサダー」だ。

 あなたの商品の魅力をアピールし、見込み客を紹介し、ブランドの良さを語り、“批判者”から守ってくれる存在。彼らは、見返りを求めずに、あなたの商品の魅力を広めてくれる。

アンバサダーってなんだ?

 例えば、カリフォルニア州在住のサポート・エンジニア、ジャスティン・ドーフマン。彼はここ5年で、コンピュータ関連商品をネット販売するCDW社から数千ドルもの商品を購入した。

 彼は単なる“お得意様”ではない。CDWにとって、とびきり優秀なマーケターの1人でもある。なぜなら、彼が同僚や仲間にCDWの魅力を伝えたところ、数十万ドル分もの売上が発生したのだ。

 ドーフマンは、ツイッターでCDWをおススメする他、CDWのコンテンツや特別セールの情報をリツイートし、ブログやITの専門家が集まるネットコミュニティなどでCDWを高く評価する。

 ドーフマンはCDWのアンバサダーだ。現金やクーポン、報酬といった見返りがなくても、知人や同僚にCDWの魅力を広めようと骨を折る。

 ドーフマンのようなアンバサダーは、あなたの会社の最強のマーケター、営業担当であり、その上、誰よりも意欲的で情熱的で価値のある顧客でもある。今日の世界で力を握っているのは広告のプロではなく、彼のようなアンバサダーだ。

消費者は広告よりアンバサダーを信頼する

 アンバサダーが力を持っている理由は、たった一言で説明できる。「信頼」だ。

 世界中のネットユーザー10人中9人が、様々な広告形態のうち最も信頼できるのは、友人や家族からのおススメだと答えている。ネット広告を信頼するのは、10人中2人に過ぎない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

アフターデジタル2 UXと自由

藤井保文 日経BP

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

オードリー・タン プレジデント社

NEO ECONOMY

日本経済新聞社(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部