2012年7月号掲載

「通貨」はこれからどうなるのか

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

揺れ動く円ドル相場、そしてユーロ危機…。もはや世界経済は、コントロール不能になりつつある。その中で、「通貨」は今後どうなっていくのか、気鋭のエコノミストが展望した。円高が日本をドルの軛から解放する、ユーロ圏は本格的な見直しが必要、等々の指摘とともに、21世紀において存在感を強めつつある「地域通貨」についても詳しく解説する。

要約

「答えの見えない」時代への不安

 2012年の春先、円の対ドル為替レートが久々に80円台に立ち戻る展開となった。これをもって「歴史的円高は終わった」「円安が来る」などの見出しがメディア上を飛び交うようになった。

 ごく最近まで、83~84円といえば「超円高」相場と受け止められていた。それが今や、80円台は円安ゾーンとなったのである。

 こうして昨日の円高が今日の円安となるプロセスを繰り返しつつ、円は上昇軌道をたどって来た。

 巷では、次の円高圏を展望しつつも、やはり円安待望論は根強い。あわよくば、このまま後戻りの円安軌道に乗り入れていってほしい。その思いが、企業の中に広がっていることは事実だろう。

 その思いはよくわかる。だが、ここで円安に向かうことへの安堵感に浸れば、また同じことの繰り返しだ。今、ドル高修正に向かう流れを形成すれば、やがて、我々はドルの軛から解放される。

 ドル高が修正されていくということは、要するに日本でも世界でも、ドルが使われなくなっていくことを意味する。ドルに対する需要が減るから、ドル相場が低下するのだ。ドル需要が減るということは、ドルを使う人々が減ることに他ならない。

 誰も使わない通貨なら、その通貨の価値がどうなろうと、誰も痛くも痒くもない。円高の進行は、そうした世界に近づいていくプロセスなのだ。

 ドル相場がいくらになるのかを巡って、一喜一憂する状態から解放されたいと思うのであれば、円安再来を待望するのはおかしい。

欧州で進む壮絶なるモラルハザード

 この1年、ギリシャ発の「ソブリン(国家)・ショック」が世界中を震撼させてきた。これは、簡単にいえば、国が発行する債券暴落の危機だ。

 そのような事態を何とか回避したいと思うのはいい。だが、そのために、何としてでも万事を元のさやに収めようとしている。これがいけない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

デヴィッド・グレーバー 岩波書店

データでわかる 2030年 地球のすがた

夫馬賢治 日経BP・日本経済新聞出版本部(日経プレミアシリーズ)

ポストコロナの経済学 8つの構造変化のなかで日本人はどう生きるべきか?

熊谷亮丸 日経BP