2011年11月号掲載

ファイナル・クラッシュ 世界経済は大破局に向かっている!

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

2007年、『THE FINAL CRASH』という本が出版された。著者は、あるプライベートバンクのファンドマネジャーを務める英国人男性。一部の金融関係者に向けて書かれた将来予測の書だが、リーマン・ショックなど、指摘の数々が現実のものとなり話題を呼んだ。その主な内容を、同書の著者と親交のある国際弁護士・石角完爾氏が、日本人にわかりやすく紹介する。

要約

ファイナル・クラッシュとは?

 リーマン・ショックの勃発以来、世界中のユダヤ人や金融関係者の間で評判を巻き起こした、『THE FINAL CRASH』という本がある。

 著者はヒューゴ・ブーロー。ただしこれはペンネームで、本名はトビー・バーチ。あるプライベートバンクのファンドマネジャーを務める人物だ。

 2007年春、自費出版の形で刊行された同書は、ごく一部の金融関係者に配られたにすぎない。

 ではなぜ、そのような本が、出版から数年後に大反響を呼んだのか。

 それは、リーマン・ショックや2010年初めのギリシャ国債の格下げに始まるEUのソブリン危機、11年8月に発生した米国債のデフォルト(債務不履行)危機などを予言していたからだ。

 そして、1930年代の世界大恐慌をはるかにしのぐ、経済大破局の到来まで予言しているのだ。

 以下、その主な内容を紹介すると ――

米国の住宅バブルの発生

 2001年の9・11同時多発テロによる消費の減退を避けるため、米国では緩和的な金融政策と減税が実施された。その結果、金利が下がり、借金をして消費することが容易になった。

過剰な米国債の発行

 米国政府は、すでに莫大な金額の米国債を発行しており、税収不足と米国民の貯蓄率のマイナス化から考えても、財政はもはや手のつけられないところに来ている。

 ここで問題は、08年以降、ベビーブーマー世代がリタイアを始めるという事実だ。米国では今後30年間で65歳以上の人口が倍になり、65歳以下の人間は15%しか増えない。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

デヴィッド・グレーバー 岩波書店