2011年11月号掲載

世界インフレ襲来

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

デフレ不況に喘ぐ日本では、デフレの議論が声高に繰り返されている。だが、著者は言う。「世界経済の潮流は、高成長を続ける新興国に主導される形で着実にインフレへと向かっている」。この流れを浮き彫りにすべく、新興国を中心としたインフレ圧力の高まり、原油などの資源価格の高騰等々、現状を詳細に分析、今後の世界経済で起こるであろう事象を見通す。

要約

インフレへと向かう世界の潮流

 「インフレ」という黒船がやってくる。

 今後、中国、インド、ブラジル、ロシアといった新興国を中心とするインフレ圧力は、日本のデフレ基調に大きな変化をもたらす ―― 。

新興国を中心に強まるインフレ圧力

 2008年のリーマン・ショック後の世界経済では、新興国のインフレ圧力と先進国のデフレ圧力とがせめぎ合ってきた。だが今や、前者が後者を凌駕し、世界は着実にインフレへと向かっている。

 最近、海外で現地の政策担当者(政府・中央銀行)や機関投資家から聞こえてくるのは、インフレの話ばかりだ。実際、中国、インド、ブラジルなどでは、相次いで利上げが行われている。

 例えば、11年5月にインド準備銀行(中央銀行)は政策金利を0.5%引き上げ、7.25%とした。インドが0.5%の利上げを行うのは、08年7月以来で、インフレ警戒姿勢は一段と強まっている。

 東南アジア諸国もインフレ対策に頭を悩ませている。タイでは軽油の価格凍結、シンガポールでは国民に対する税還付が実施された。

 欧米を中心とする先進国でも、2年以上続いてきた金融緩和が修正される方向だ。

 11年4月には欧州中央銀行が、リーマン・ショック直前の08年7月以来、2年9カ月振りに政策金利を1.0%から1.25%へと引き上げた。

 米国でも、FRB(連邦準備制度理事会)は、10年11月以降実施してきた「QE2(量的金融緩和政策第2弾)」を11年6月でいったん打ち切った。

 先進国のデフレ懸念は終焉を迎え、新興国のインフレ圧力が勝利を収めたのである。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営 「物語り戦略」で輝く現場

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

デヴィッド・グレーバー 岩波書店