2010年5月号掲載

商品よりも、ニュースを売れ!

マーケティングコミュニケーション・心理学ブランド・広告

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

話題にならず姿を消す商品がある一方、メディアに取り上げられてヒットする商品がある。両者の違い、それは後者には顧客の心をつかむ「ニュース」があることだ。しかもそれは一過性のものに終わらず、ニュースがニュースを呼ぶ「情報連鎖」を起こし、話題に上り続ける。こうした動きはどうすれば起こせるのか、情報連鎖の概要、およびその仕掛け方を紹介する。

要約

「情報連鎖」を起こせ!

 人々の心理と消費行動は、マスメディアによる報道の影響を受ける場合が多い。

 例えば、テレビで「効果的な○○ダイエット」といった番組が放送されると、小売店では番組で紹介された商品が一時的にとてもよく売れる。

 そして、報道された情報が他のメディアにも取り上げられると、その商品の売れ行きはさらに高まり、いわゆるブームとなる。

 このように、価値ある1次情報が流され、それが新たな情報を生み出して多くのメディアに紹介され、口コミで広がり、情報が継続的に発信される一連のプロセスのことを、「情報連鎖」と呼ぶ。

 では、情報が連鎖する企業や商品とは、どのようなものか。

 「面白いな~」「そんな商品があるの!」。テレビや新聞・雑誌で紹介されるには、視聴者や読者が、こんな気持ちになるコンテンツが欠かせない。

 紹介される企業や商品には、報道されるだけの情報資源がある。その共通項は、次の通りである。

①企業や商品にストーリー性(物語性)がある

 NHKの人気番組「プロジェクトX」。この番組が成功したのは、商品などのモノの紹介にとどまらず、関わった人の「物語」が紹介されたからだ。

 特に、放送時間に制約のあるテレビのニュース番組では、短時間でも視聴者の興味を引き、記憶に残る、強いストーリー性の有無が問われる。

 単発に終わる報道と情報連鎖を生み出す情報。その差は、「細切れ情報」か「ストーリー性のある情報」かによって決まる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

LIMITLESS 超加速学習

ジム・クウィック 東洋経済新報社