2005年9月号掲載

年寄りの話はなぜ長いのか

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

年をとると、なぜくどくどと同じ話を繰り返すのか。他人の意見に耳を傾けず、頑固になったり、判断を誤りやすくなるのか…。誰もが避けて通れないこの“壁”の原因は、「脳の老化」にある。本書では、生理学の専門家である著者が、脳の仕組み、老化について語り、脳を若々しく保つ秘訣を紹介する。その原因を知っておくだけでも、転ばぬ先の杖となるだろう。

要約

年寄りの話はなぜ長いのか?

 人は年をとると、なぜ話が長くなるのか? これには、脳の仕組みや、その老化の仕方が深く関わっている。年齢とともに話が長くなることについて、脳科学からは次のような理由が考えられる。

  • ① 話すことの優先順位がつけられず、どれも大事で欠かせない内容だと思ってしまう。
  • ② 相手の身になって考えられないので、話す内容が多いほど、相手は得るところが多いと考える。
  • ③ 年齢とともに自分の体力、能力に自信がなくなるので、その不安に気づかれないで周囲の人の尊敬・信用を確保・維持させたいと思い、思いついたことを何でも話してしまう。

 年をとると、昔できたことができなくなる、新しい技術を覚えるのに時間がかかる、といった事態が日々起こる。

 例えば、自分のパソコンに問題が生じると、すぐに若者を呼んで直してもらう。このようなことが続くと、「若者は自分を無能だと思っているのではないか」という気持ちが頭をもたげる。

 こうなると、何とか「自分は若者が持たない重要なものを持っている」ことを周囲に伝え、自分の価値を納得しようとする。つまり、長話は老化への不安の裏返しともいえるのである。

  • ④ 話している間に、今まで何をどこまで話したかを忘れて、同じような話を続けてしまう。

 これは、「作業記憶」の衰えだ。作業記憶とは、ちょうど黒板に文章を書き、説明が終わると消して新しい文章を書く時に使う記憶である。

 例えば、「私は今日学校に行きました」と話す時、「私は」と言う時には、次の「今日」を思い出している。同時に、「私は」という言葉は忘れる方向に向かう。

 こうして、前の記憶に次の記憶が置き換わるのだが、この時、前の記憶は完全に忘れられているわけではない。一時的に維持される記憶によりある程度覚えていながら、次の言葉につながるのだ。

 この作業記憶は、年齢とともに、または訓練をしない限り衰える。すると、話している最中に、何をどこまで話したのか思い出せなくなる。

 このように、何を話していたかわからなくなるために、話題が元の主題から離れていくことはよくある。その結果、聞き手は「なぜこんな関係のないことをくどくど話すのか」と思うのだ。

  • ⑤ 地位の高い人は「もう一歩」という気持ちが強い。もう一歩の支配権獲得を求める。

 この場合の支配権とは、仲間、組織を自分が支配しているという自覚を持ちたい、という意識のこと。すでに十分支配しているのに、自分ではまだまだと思う。そして、その支配を確実にするために自分の思うことを話し、相手がそれでも聞いていることを確認したいのである。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)

LIFESPAN 老いなき世界

デビッド・A・シンクレア 東洋経済新報社

メンタルが強い人がやめた13の習慣

エイミー・モーリン 講談社(講談社+α新書)