「暗黙知」の経営

マネジメント
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

我々は、語ることができるより、多くのことを知ることができる――。かつて科学哲学者マイケル・ポランニーがこのように表現した「暗黙知」。本書では、田坂広志氏がマネジメントにおける暗黙知の世界について考察。企業における様々な問題が、暗黙知の欠如によって生じていることを示しつつ、直観や洞察力、大局観といった暗黙知の世界に迫る。

要約

なぜ「直観力」が身につかないのか?

 マネジメントには、「暗黙知」という世界が存在する。

 暗黙知とは、科学哲学者マイケル・ポランニーが『暗黙知の次元』という著書の中で用いた言葉で、彼は次のように暗黙知を定義している。

 「我々は、語ることができるより、多くのことを知ることができる」

 この言葉を裏返して理解するならば、「我々は、知っていることを全て言葉にすることはできない」ということである。

 すなわち、我々の中には、「言葉で語り得ない智恵」とでも呼ぶべきものがある。

 この暗黙知に対して、「言葉で語り得る知識」は「言語知」とでも呼ぶべき世界である。

 未熟なマネジャーの多くは、この言語知の世界だけでマネジメントを行おうとする。そして壁にぶつかる。

 だが、暗黙知の世界を理解することによって、それを超える方法が見えてくる。例えば ――

*  *  *

 マネジャーの多くが、「どのようにすれば、直観力や洞察力を身につけることができるのか?」との問いを抱いている。

 しかし、多くのマネジャーが最も基本的な点を誤解している。それは、直観力や洞察力という能力が、「論理」という世界の対極にあるものと考え、感覚的訓練や感性的修練などの方法こそが、これらの能力を磨いてくれると考えていることだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

よきリーダーは哲学に学ぶ

アリソン・レイノルズ CCCメディアハウス