2024年4月号掲載

生成AI革命 社会は根底から変わる

最新号掲載 生成AI革命 社会は根底から変わる ネット書店で購入
閉じる

ネット書店へのリンクにはアフィリエイトプログラムを利用しています。

※『TOPPOINT』にお申し込みいただき「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

まるで人間のように受け答えをするAIサービス、“ChatGPT”の登場以来、注目を集める「生成AI」。この新たな技術がもたらすものとは? 情報経済論の大家・野口悠紀雄氏が、生成AIの現状、そして仕事への影響など、社会の大変動を見通した。氏は言う。「これからの時代、人間の知的活動は、まったく違うものになる」と。

要約

ChatGPTはどのように使われているか?

 ChatGPTなど「生成AI」と呼ばれる新しい技術が登場し、利用が急速に広がっている。AI(人工知能)が人間の自然言語を理解し、質問や指示に対して的確な答えを返せるようになったのだ。

 この活用によって、人間の知的活動は、これまでとはまったく違うものになる。

ChatGPTの使い方をアンケート調査で見る

 では、生成AIはどのように使われているか?

 それを調べるため、アンケートを行ったところ、「外国語の資料の翻訳」と「長い文章の要約」が多かった。

 私も、外国語論文の翻訳と要約では、ChatGPTに大きく依存している。特に、長い論文の要約が得られるのは大変便利だ。翻訳と要約で読むかどうかを判断し、価値があるとわかれば読む。これによって、私の情報収集能力は大いに増強した。

 これまで、言葉の壁は日本人にとって大きな問題だったが、ChatGPTによってそれが低くなった。

私はChatGPTをどのように使っているか?

 次に、私がChatGPTをどのように使っているかを説明しよう。それは、主として次の2つだ。

①文章の校正

 文章を作成する作業は、スマートフォンの音声入力から始まる。30分くらいで2000字程度の文章ができる。問題は、このようにして作ったテキストには、誤変換が多く含まれていることだ。

②文献や資料の収集、要約、翻訳

 第2の用途は、資料収集だ。ChatGPTに直接聞くと、間違った答えを出す可能性がある。しかし、ウェブ記事を読ませればその心配がない。そこで、例えば次のように進む。

  • ・***の問題を分析したレポートで、アメリカの大学や研究機関によるものを提示させる。
  • ・提示された資料の中から、いくつかを指定し、翻訳と1000字程度の要約を求める。
  • ・読む価値があると判断した資料について、全文を翻訳させる。

「ハルシネーション」と能力の限界に注意

 生成AIをどの程度使えるかは、仕事の内容によってずいぶん違う。ただ、どんな仕事であっても、次の2点に注意する必要がある。

この本の要約を読んだ方は、
他にこんな本にも興味を持たれています。

メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」

岡嶋裕史 光文社(光文社新書)

教養としてのデジタル講義

ハル・アベルソン 日経BP

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

ジェレミー・リフキン NHK出版

テクノロジーが予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる

伊藤穰一 SBクリエイティブ(SB新書)