2022年1月号掲載

教養としてのデジタル講義

Original Title :Blown To Bits:Your Life, Liberty, and Happiness After the Digital Explosion Second Edition

IT・インターネット科学・技術・環境社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

今日、テレワーク、オンライン注文が当たり前になるなど、デジタル技術が急速に発展している。社会のデジタル化は、生活を便利にする反面、プライバシーやセキュリティにおける弊害も大きい。その危険性と可能性を、ハーバード大学の有名教授らが解説した。今、知っておきたい「デジタル社会」の基礎知識が学べる書だ。

要約

デジタル爆発

 本書は、コンピューターについて語るものではない。あなたと私の人生について、語るものだ。私たちを支えてきた土台の、根本的な変化について語る本でもある。

 デジタル情報の爆発は今、あらゆるものを変えている。例えば ――

 大学で優秀な成績を収めたニコレット・バーチュリは、投資銀行の面接試験を受けた。彼女を面接したのは、AIソフトウェアを利用したコンピューターだった。彼女は自分では手応えを感じていたが、採用されなかった。

 彼女は不採用になった理由を知りたかったが、誰もその理由を説明できなかった。というのも、実際のところ、誰にもわからなかったからだ。

 どうやらこのプログラムは、彼女が応募した職種にふさわしい人材に共通するパターンを検知できて、彼女を観察した結果、それが見いだせなかったようだ。このプログラムはニコレットの人間性について判断したが、彼女に何が欠けていたのかは、誰にも説明されることがなかった。

 今では多くのシステムが、他の領域でも人間の代わりに同様の判断を下している。裁判官は刑事被告人が出廷してこない可能性を見極めるために、コンピューターに判断を仰ぐ。不動産業者は、どの入居希望者が家賃を滞納する恐れがあるかを判断するために、コンピューターを利用する。

 こうしたシステムの大半は特許が取られていて、開発した企業にその仕組みを公開する義務はない。

 実は、ソフトウェア自体がすべてを決めている。ソフトウェアは現在働いている従業員の映像を見て、独自の基準を作り上げたのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)