2022年12月号掲載

デザイン思考 マインドセット+スキルセット

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

デザイン思考とは、優れたデザイナーの思考・行動パターンを体系化したもの。特別なノウハウやセンスがなくとも、イノベーションの創造を可能にする思考法だ。その最前線を知る著者が、問題の発見から解決、プロトタイプの開発まで、一連のプロセスを解説。誰もが「デザイナーのように思考する」ためのテクニックを明かす。

要約

「デザイン思考」とは何か

 「デザイン思考」は、イノベーションを日常的に行うための思考法の1つである。

 デザイン思考では、人間を理解することが求められる。さらに、アイデアを考えるだけでなく、アイデアを実行することを求められる。そして、そこから得られた情報をもとに修正を繰り返す。

 その実現には、「創造力に対する自信」が必要となる。創造力とは、絵を描く、作曲するといった能力ではなく、我々を取り巻く世界を理解する能力である。創造力こそが人間にとって最も貴重な資源であり、デザイン思考はこの資源を引き出し、活用するための思考法である。

5つのマインドセット

 デザイン思考は、スタンフォード大学とデザイン・コンサルタント会社のIDEOが連携し、体系化した。そのベースとなったのは、優れたデザイナーの思考法である。

 デザイン思考では、イノベーションを効率的に生み出すために、優れたデザイナーが日常的に行う「マインドセット(思考・行動のパターン)」を活用する。優れたデザイナーの思考には、次のような5つの特徴がある。

  • ①人間を中心に思考する。
  • ②言葉や数値だけでなく、積極的にビジュアル(スケッチ、試作品)による表現方法を使用する。
  • ③ビジュアルや言語の情報を通じて、対象となる人や協働者との対話と修正を何度も繰り返す。
  • ④ものの見方、考え方の枠組み(フレーム)を変化(リフレーム)させて、従来の枠組みでは捉えられない問題に気づく、あるいは異なるアプローチによって問題を解決する。
  • ⑤人々が活動する現場における人間の観察から始めて、検証に至るまでのステップを繰り返す。

 優れたデザイナーは、このような特徴的な思考を通じて、与えられたテーマに対して手がかりを見いだし、それをもとに問題を発見する。そして、その問題を解決する体験を創造し、従来とは異なる価値を持つ製品やサービスを生み出すのだ。

 

観察によって人間を理解する

 デザイン思考のスタートは、人間の行動や感情によって生まれる“現実”にある。人々の行動を現場で「観察」し、観察対象者に「共感」することによって、問題を創造的に発見するのだ。スタートがアイデアではなく現実にあるところが、従来の思考法と大きく違うところである。

広義の観察

 観察は、「観る」「聴く」「試す(観察者が体験)」「(文献や資料を)読み込む」「真似る」の行動によって構成される。これらの観察手段によって情報を獲得し、共感につなげるのだ。

 「試す」「真似る」は一見、非効率に思える。しかし実際に自身の身体を使うことは、他者を理解する上で効果的だ。身体を使うことで、観るだけでは得られなかった情報を得ることができる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ジム・コリンズ 日経BP

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く 深く考える七つの技法

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業

ジム・クウィック 東洋経済新報社