2019年12月号掲載

AI以後 変貌するテクノロジーの危機と希望

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

急速に進化するAI(人工知能)を巡り、論議が盛んだ。万能論もあれば脅威論もある。だが、真のリスクと可能性は、2元論を超え、フラットに現状を見つめることで見えてくるという。本書では、物理学や哲学など、異なるジャンルの知の巨人たちが、自らの研究領域から、人類とAIを巡る最先端のビジョンを示す。

要約

意識:AIはどこまで信頼できるか

 「AI」を巡る言葉が、日々メディアを賑わせている。AIが職を奪うといった極端な敵対論や、逆に過剰な礼賛論。だが、それらに一喜一憂することなく、その本質を捉えようとする姿勢が今、問われているのではないか。

 そもそもAIとは何なのか? いかに進化するのか? そこで生まれるAIの自律性とは?

 本書は、こうした問いに、様々なフィールドの知の巨人たちが答えるものだ。ここでは、そのいくつかを紹介しよう。まず、「意識」の問題から。

マックス・テグマーク/物理学者

 AIの知能を、どのように捉えたらよいのか。

 私は、知能とは「目標を達成する能力」とシンプルに定義する。目標が複雑であればあるほど、知性が高くなる。

人間を超える知能の開発は可能か?

 こうした包括的な定義にしているのは、生物的な知能と、人工的な知能の両方を含めるためだ。

 今日のAIは限られたタスク、例えば計算や囲碁、車の運転などにおいて、人間よりはるかに高い能力を持っている。しかし、人間の子どものような幅広い能力は持っていない。

 AI研究の究極の目標となっているのが、こうした広範な能力を持つ汎用人工知能(AGI:Artificial General Intelligence)である。学習能力があり、何でも人間より上手くできるAIだ。それは「超知能」と言ってよい。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)