ニュータイプの時代

自己啓発スキル・能力開発社会・政治
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

社会構造の変化に伴い、個人も企業も新しい価値観への対応が求められている。例えば、従来、高く評価された「問題を解決できる人」は今後、その価値を失う。問題が少なくなった今日、評価されるのは「問題を発見し提案する人」だ。本書はこうした社会構造の変化を読み解き、新時代に必要な思考・行動様式を解説する。

要約

人材をアップデートするメガトレンド

 望ましい人材要件。それは、その時代における社会の構造やテクノロジーによって規定される。

 これまで高く評価されてきた、従順で、論理的で、勤勉で、責任感の強い「優秀な人材」は今後「オールドタイプ」として価値を失っていく。

 一方、自由で、直感的で、わがままで、好奇心の強い人材=「ニュータイプ」が、今後は大きな価値を生み出し、評価されるだろう。

 では、どんな変化が前者から後者へのシフトを促すのか? それは、次の6つのメガトレンドだ。

    • ①飽和するモノと枯渇する意味
    • ②問題の希少化と正解のコモディティ化
    • ③クソ仕事(意味のない仕事)の蔓延
    • ④社会のVUCA化
    • ⑤スケールメリットの消失
    • ⑥寿命の伸長と事業の短命化

 そのいくつかを、見ていこう。

飽和するモノと枯渇する意味

 今の時代、ほぼあらゆるモノを手に入れられる一方で、多くの人は欠落感を抱えている。何かが満たされていない、本質的に重要なものが抜け落ちているような感覚だ。物質的な欠乏という課題がほぼ解消された世界で、人はいかにして「生きる意味」を見いだせばいいのか。

 この問題を最初に指摘したのは、ドイツの哲学者、ニーチェである。ニーチェは、現代人が「意味の喪失」という問題に陥り、ニヒリズムに捉えられることを予言している。

 彼は、ニヒリズムを次のように定義している。「何のために、という問いに対して答えられないこと」だと。つまり「意味が失われた状態」こそが、ニヒリズムの本質だという。

 私たちは「モノが過剰で、意味が希少な時代」を生きている。このような時代にあって、相も変わらずに「役に立つモノ」を生産し続けようとするオールドタイプは価値を失う。その一方で、希少な「意味」を世界に対して与えるニュータイプは、大きな価値を生み出していくことになる。

社会の「VUCA」化

 「VUCA」とは、V=Volatile(不安定)、U=Uncertain(不確実)、C=Complex(複雑)、A=Ambiguous(曖昧)という、今日の社会を特徴付ける4つの形容詞の頭文字を合わせた言葉だ。

 社会における「VUCA化の進行」は、私たちがこれまで「良い」と考えてきた様々な能力やモノゴトの価値に大きな影響を与える。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)