2019年9月号掲載

僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた

Original Title :IRRESISTIBLE

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

近年、新しい依存症「行動嗜癖」に陥る人が増えている。それは、スマホを頻繁に覗く、ドラマを何話分も一気に観るなど、行動への依存を特徴とする。著者は、病の背後には、「依存症になるようにデザイン」されたテクノロジーの存在があると指摘。人をのめり込ませるメカニズムを明らかにするとともに、その対応策を提示する。

要約

自分の商品でハイになるな!

 2010年1月。アップルのイベントで、iPadを発表したスティーブ・ジョブズは言った。「このデバイスにできることは、まさに驚異的です」。

 誰もが1台ずつiPadを所有すべき。そう固く信じる彼は90分にわたり、iPadの魅力を説いた。

 だが一方で、こんな事実がある。ジョブズは自分の子どもにiPadを使わせていなかったのだ。

 ジョブズだけではない。IT業界の大物たちの多くもそうだ。例えば、ツイッターを生み出したエヴァン・ウィリアムスも、幼い息子2人にiPadは与えていない。

 自分がさばく商品でハイになるな ―― 。彼らはまるで、薬物売人の鉄則を守っているかのようだ。

自分の仕事は依存症製造機の開発

 腑に落ちない話である。世界にテクノロジーを広める立場にある者が、なぜ、プライベートでは極端なほどテクノロジーと距離を置きたがるのか。

 インスタグラムの立ち上げに携わったエンジニア、グレッグ・ホッホムートは、自分の仕事は実質的に依存症製造機の開発だったと考えている。

 「どれだけハッシュタグをクリックしても、常にその先がある」「やがて人間はハッシュタグに執着しだす」と、彼は言う。

 こうしたアプリやウェブサイトは便利だが、それを「節度ある」範囲で使用するのは難しい。

環境によって誰もが依存症になる

 ジョブズらの懸念には根拠がある。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

年寄りの話はなぜ長いのか

高田明和 東洋経済新報社

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)