Measure What Matters

Original Title :Measure What Matters:How Google, Bono, and the Gates Foundation Rock the World with OKRs

マネジメント組織・人事
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

シリコンバレーで成功を収める数々の企業が採用しているマネジメント手法、「OKR」。“目標”(Objectives)と“主要な結果”(Key Results)を管理することで、社員の最高のパフォーマンスを引き出し、驚異的な目標を達成するものだ。インテルでこの手法を学び、グーグルに伝授した著者が、OKR誕生の経緯や特徴、効果を語る。

要約

OKRの父

 「OKRは、会社のあり方を根本的に変えた」

(グーグル元CEOエリック・シュミット)

 OKRとは、「目標(Objectives)」と「主要な結果(Key Results)」の頭文字を取ったもので、今日、様々な企業が採用している経営管理手法のことである。

 目標(O)とは、「何を」達成すべきかである。そして主要な結果(KR)とは、目標を「どのように」達成しつつあるかモニタリングする基準だ。

 このOKRを用いれば、会社内のあらゆる組織が、同じ重要な課題に全力で取り組むようになる。

インテルを率いた男

 OKRは、優良企業インテルで誕生した。

 同社を設立し、30年にわたり率いたのは、「トリニティ(三位一体)」と呼ばれる3人組である。

 1人目は、「ムーアの法則」の生みの親であるゴードン・ムーアだ。彼は、「コンピュータの処理性能は2年ごとに倍増する」として、テクノロジーの指数関数的成長を予見した。

 2人目は、ロバート・ノイスで、集積回路(マイクロチップ)の共同発明者の1人だった。

 そして3人目が、「OKRの父」アンディ・グローブだ。ナチスの迫害を逃れ、20歳の時にハンガリーから米国へ難民としてやってきた彼は、偏執狂的な情熱が特徴的だった。そして意志の強さと知力だけで、シリコンバレーで最も尊敬される会社のトップにのし上がり、驚異的な成長に導いた。

独創的なマネジメントシステム

 1975年、インテルに入社した私は、「インテルの組織、理念、経済学講座」を受講した。多くの人が一度は出てみたいと憧れるセミナーだ。担当講師は、アンディ・グローブその人である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

BCG 次の10年で勝つ経営

ボストン コンサルティング グループ(編著) 日経BP・日本経済新聞出版本部

オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 同文舘出版