2014年3月号掲載

グロースハッカー 会社もサービスも劇的に成長させるものの売り方、つくり方

Original Title :Growth Hacker Marketing

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

ツイッターやホットメール、グルーポン等、急成長を遂げた企業には「グロースハッカー」と呼ばれる人々がいる。彼らは、派手な広告を打つ従来のマーケティングとは全く異なる方法で、サービス、会社を劇的に成長させる。しかも最小限の資金で。わずか数年で、数千万、数億のユーザーを獲得する、この“新世代”のマーケターの考え方、具体的な手法を紹介する。

要約

「グロースハック」とは?

 ドロップボックス、ツイッター、フェイスブック、エヴァーレイン…。これらの新興企業は、最小限の投資で成長を遂げた。

 これらの企業に関して最も驚くのは、どの企業にも、従来タイプのマーケターがいないことだ。

 「グロースハック」が、いわゆるマーケティングを無意味にしたのである。

ホットメールで生まれた新しい方法

 グロースハックは、従来のマーケティングよりも流動的な作業であり、ユーザーとインタラクティブに進めるものだ。それは、新しいタイプのマーケターの新しいニーズを受けて生まれた。

 1995年にさかのぼろう。それは、ホットメールが、最初の無料ウェブメールサービスとして公開される直前のことだ。

 ある日、ホットメールの共同創業者であるサビア・バティアとジャック・スミスが、ベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパーと会った。

 ドレイパーは2人に、ウェブベースの電子メールという彼らのサービスは素晴らしいが、一般向けにどう紹介するつもりなのかと問い掛けた。

 「広告を打ちます」。バティアはまず、従来のマーケティングのアプローチを口にした。

 「ジャック、メール画面の最下行にメッセージを表示させることはできるかい?」

 「うーん、それはやりたくありません!」

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP

BCGが読む経営の論点2021

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP・日本経済新聞出版本部