2010年8月号掲載

鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」

マーケティングコミュニケーション・心理学
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

セブン&アイ・ホールディングスCEOの鈴木敏文氏は、「あがり症で人と面と向かって話すのが苦手」だという。だが、「聞き手の立場で」話すのを旨とする氏の話は、聞く人の心を捕らえて離さない。そんな鈴木氏の経営の基本は、「顧客の立場」で考えること。本書では、相手の心理を読むことで、数々の成功を収めてきた“鈴木流心理学経営”の要諦を紹介する。

要約

相手に伝わる「話し方」とは?

 セブン&アイ・ホールディングスを率いる鈴木敏文CEOは、2つの顔を持っている。

 1つは、徹底して顧客の心理を読む「心理学経営の達人」としての顔である。

 もう1つは「あがり症で、人と面と向かって話すのが苦手」という顔。「子供時代は極度のあがり症で、人見知りがひどかった」と氏は明かす。

 しかし今日、社内外で数多くの講演をこなすなど、話し方の名手として知られる。

 今も基本的には人見知りだという鈴木氏に、なぜ、聞き手を引き込むような話ができるのか。

平易に、自分が知っていることだけを話す

 鈴木流経営学の基本は、全てにおいて「顧客の立場で」考えることにある。話す時にも、常に「聞き手の立場で」話すことを基本とする。

 例えば、人前で話す時、一番大切なのは、平易な言葉、平易な話し方をすることである。高邁な話より、平易な言葉の方が共感を呼ぶ。

 一番よくないのは、借り物の話をすることだ。人は話をする時、格好よく思われようとして、本などを読み、そこから引用してネタに使おうとしがちだ。だが、そうした言葉に何の説得力もない。

 内容は簡単でも、自分のものにした事柄を話した方がはるかに説得力を持つ。

身近な事例や例え話を盛り込む

 また、鈴木氏は事例や例え話を多用する。

 氏が話す内容は、昔から一貫して基本的なことばかりである。ただ、それだけでは飽きられてしまうので、事例や例えをその都度変える。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

最強の集中力

ニール・イヤール 日経BP

オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 同文舘出版