2021年9月号掲載

スタンフォード大学の共感の授業

Original Title :The War for Kindness

コミュニケーション・心理学IT・インターネット社会・政治

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

都市化の進展やネットの普及は、生活を便利にした反面、人々から「共感する力」を高める機会を奪った。独居が増えて孤立が深まり、顔を合わせない人付き合いが増えたことが、その一因だ。分断や不寛容が広がる今日、相手を「思いやる力」を伸ばすことはできるのか。共感を研究する心理学者が、その成果をもとに解説する。

要約

「共感」の進化と現代の姿

 人はしばしば、「お気持ちお察しします」という表現で、「あなたの痛みを私も感じます…」という意思表示をする。「共感(エンパシー)」とは、そういう感覚だと理解されることが多い。

なぜヒトは「やさしさ」を進化させたのか

 共感を通じて、僕たちは相手の気持ちを推測する。だが、共感の最も重要な役割は他にある。それは、やさしい行動を引き出すことだ。自分を犠牲にしてでも、他人を助けようという気にさせる。

 本来、そんな行動は生きるか死ぬかの場面では必要ない。ところが実のところ、やさしさは動物の世界に不可欠なサバイバルスキルの1つなのだ。

 生まれたての生き物は弱く、人間ならば十数年ほど自分ひとりで生きる力をもたない。だから親が身を削って子どもを生き永らえさせる。また、動物は単独では生き残れない場面で力を合わせて食べ物を見つけ、命を守る。

 こうした状況におけるやさしさは、“賢さ”と言い換えることができるだろう。

 とはいえ、動物が他の動物を助ける理由は、それでは説明がつかない。サバンナ・モンキーは、仲間が親切のお返しをしてくれる確率など計算できないのに、なぜ仲間に手を貸すのか?

 この疑問に対する自然界の答えが、共感なのだ。生き物は他の生き物の痛みを見て、その痛みを自分も感じる。だから、自分を助けるために、相手を助けようとする。

 共感すると、相手にやさしくする。この法則は、人類が生まれる前から存在している。例えば、実験室のラッ卜は、同じケージに入れられていたラットが電気ショックを受けるのを見ると、体を固くしてフリーズする(不安の表現)。こうした共感の反応を示したラットは、食べ物を与えてやるなど、仲間を助ける行動をする。野生のネズミも、ゾウもサルもカラスも、共感と親切、その両方を示すことがわかっている。

 こうして人類は、共感能力を大きく発展させた。僕らは地球上で「最もやさしい」種だ。そして人類の数が増えるにつれ、やさしさも拡大した。

「共感を破壊する」現代社会

 ところが、ここに共感に関わる重大な真実が見えてくる。そもそも共感の本能は、視界に入る他人のほとんどが「身内」という時代に進化し確立したものだ。生涯ずっと一緒に過ごすのだから、お互いを理解しあうチャンスも無数にあった。やさしくすると、そのうち「お返し」があるとわかっていた。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)