2021年8月号掲載

超加速経済アフリカ

イノベーション経済・経済学国際・世界情勢

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

多くの人がスマホを持ち、モバイルマネーを使い、巨大ショッピングモールは大賑わい ―― 。これが、今のアフリカだ! アフリカと聞くと、スラムや飢餓、内戦などが思い浮かぶが、それは一部のこと。本書は、加速度的に発展しつつある当地の現状、日本人が知らない本当の姿を伝える。アフリカのイメージが変わる1冊だ。

要約

アフリカは大きくて、若い

 アフリカと聞いて、何を思い浮かべるだろうか? スラムや飢餓、また内戦ではないか。

 もちろん、それもアフリカの一端ではあるが、ほんの一部である。多くの日本人は、本当のアフリカを知らない ―― 。

アフリカ大陸はインドの10倍も大きい

 アフリカについて、まず驚くこと。それは、想像していたよりもはるかに大きい、ということだ。

 面積は、インドの10倍、日本の80倍。そこには、米国、中国、インド、欧州、メキシコ、日本がすっぽりと入ってしまうくらい大きいのだ。

アフリカの若さ

 また、年齢の圧倒的な若さも、アフリカの特徴である。0歳から順に並べてちょうど中間となる人の年齢(中位年齢)は、日本は48.4歳。一方、アフリカ全土では19.7歳(2020年)。要するに、とても若い人が多い。

 アフリカの持つ、この「若さ」は何を意味するのか。注目したいのは、「生産年齢人口比率」のピーク予測である。全人口のうち、15~64歳の働ける人口がどれだけいるか、というのが生産年齢人口比率だ。

 日本のピークは、70%前後だった1960年代から80年代の終わりくらいまでだった。今、まさにピークを迎えているのが中国だ。中国の生産年齢人口比率は2000年頃から70%を超えるまでになったが、すでにピークを終えて下落に転じている。

 これからピークを迎えるのがインドや中東だ。インドは2040年くらいにピークを打つ。そしてその後、ピークを迎えるのが、アフリカである。しかも、このピークは長く続きそうだ。

 そして2050年以降から、最後の成長大陸としてアフリカが、世界経済主要地域に出てくる可能性がある。

 

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

日本経済 予言の書

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

ブルシット・ジョブ

デヴィッド・グレーバー 岩波書店