2019年11月号掲載

中国「草食セレブ」はなぜ日本が好きか

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

年間1000万人に迫る勢いで急増する訪日中国人。その半分以上は20~30代の若者で、高級ホテルに出入りしたり、ブランドの限定品を買ったりしている。彼らは何者? 金銭的余裕と旺盛な物欲を兼ね備えた「プチ富裕層」の消費性向を、中国人実業家が分析した。迎える側、日本のインバウンドの可能性、課題についても触れる。

要約

なぜ中国の若者はリッチなのか

 海外旅行で日本を訪れる中国人は増え続けている。日本政府観光局が発表した2019年上半期の訪日中国人数は、11.7%増の453万人。過去最高を更新した。下半期はさらに増える可能性が高く、1年間で1000万人に迫るのではないだろうか。

レクサスで辛抱しておくか

 最近、日本の人々からこういう質問を受ける。

 「ニュースを見ると、中国経済はかつてほど順風満帆に思えない。それなのに、どうして日本に来る中国人は減らないのですか?」

 確かに工場閉鎖やリストラのニュースを中国でも見かけるようになった。だが、海外旅行に関しては、その影響がダイレクトに出てくるとは限らない。だから、私はこう答えることにしている。

 ―― 中国の自動車販売台数は2019年7月まで13カ月連続で減少しているが、日本車は絶好調である。トヨタの販売台数は2019年7月まで17カ月連続で、前年同月の数字を上回っている。

 中国の富裕層も景気の減速を感じていないわけではない。でも、まだまだ余裕があるのだ。だから、彼らはこう発想する。「景気が悪いからポルシェは諦めて、レクサスで辛抱しておくか」。

 日本では最高級車であるレクサスも、彼らにとっては次善でしかない。これは海外旅行に関してもいえる。これまでヨーロッパの高級リゾート地でバカンスを過ごしていた富裕層が、これからは「近場の」日本へやってくる可能性がある。

プチ富裕層とは何か

 中国は日本人には想像もつかないほどの格差社会で、資産が1兆円を超える超富裕層までいる。彼らは数が少ない上に、欧米志向が強い。一方、ミドルクラスは数が多い。何をもってミドルクラスとするかは諸説あるが、最近よく目にするのは、日本の総人口より多い3.5億人という数字だ。

 その3.5億人のうち上位1億人ぐらいを、私は「プチ富裕層」と呼んでいる。プチ富裕層は、今日本を個人旅行している人たちの主流である。

なぜ年に何回も海外旅行できるのか

 プチ富裕層には、年に何回も家族連れで海外旅行している人が少なくない。なぜそれが可能かというと、やはり不動産バブルの影響が大きい。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

良心をもたない人たちへの対処法

マーサ・スタウト 草思社

人新世の「資本論」

斎藤幸平 集英社(集英社新書)

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方

鈴木貴博 PHP研究所(PHPビジネス新書)