2018年11月号掲載

決定版 銀行デジタル革命 現金消滅で金融はどう変わるか

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

近年、通貨の電子化が進む。そんな中、デジタル通貨を巡る、三つどもえの覇権争いが始まった。ビットコインなどの仮想通貨と、民間銀行、中央銀行が発行するデジタル通貨の争いだ。それぞれの特徴とは? 将来性は? また、キャッシュレス化で金融や社会はどう変わるのか? 元・日銀審議委員がデジタル通貨の今後を見通す。

要約

動き出したメガバンク

 今、日本では、「デジタル通貨」の覇権争いが始まろうとしている。

 ビットコインに代表される仮想通貨と、民間銀行が発行を目指しているMUFGコインやJコインなどの独自のデジタル通貨、中央銀行が発行する中央銀行デジタル通貨の3つの覇権争いである。

フィンテックの本質は革新的なサービス

 デジタル通貨とは、スマートフォンなどの端末機を使って支払いや送金などに利用できる、電子的に記録された“通貨”のことである。

 この通貨のデジタル化で大きな役割を担っているのが、近年注目されるフィンテックだ。これはファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語で、米国で生まれたとされる。

 ATMによる現金の引き出しや振り込み、クレジットカードの利用等々、金融サービスは以前から専門技術があってこそ成り立ってきた。

 しかしフィンテックは、そうした伝統的なサービスを支える技術とは一線を画するものだ。その本質は、安くてより良いサービスを利用者に提供する技術であり、実際、シリコンバレーで設立されたフィンテック企業の多くは、預金決済など銀行が従来から提供してきたサービスを利用しながら、より利便性の高い新サービスを提供している。

競争促進へと転換した法整備

 諸外国では、フィンテックは金融業界を革新的に変化させる技術・サービスと考えられているが、日本での開発・普及の動きは鈍い。その背景には、銀行、貸金業、保険、証券などの金融業態を縦割りで厳しく規制してきた金融法制がある。

 かつて銀行は保険を販売できず、保険会社は個人向け融資を行えなかった。まして、金融機関ではない企業の金融業への参入はあり得なかった。

銀行のフィンテック対応

 こうした金融庁の方針転換に対し、銀行側はこれまでのところ、独自のデジタル通貨発行、IT企業との連携模索などで対応している。

 例えば、三菱UFJ銀行は2017年、独自のデジタル通貨「MUFGコイン」の実証実験を開始した。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

沈黙の春

レイチェル・カーソン 新潮社(新潮文庫)

スマホ脳

アンデシュ・ハンセン 新潮社(新潮新書)

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

デヴィッド・グレーバー 岩波書店

スモール・イズ・ビューティフル 人間中心の経済学

E・F・シューマッハー 講談社(講談社学術文庫)