スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

Original Title :The Presentation Secrets of Steve Jobs:How to Be Insanely Great in Front of Any Audience

起業家・人物コミュニケーション・心理学スキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

これまで感動的なプレゼンテーションを数多く行ってきた、アップルのスティーブ・ジョブズ。彼のプレゼンは、なぜあれほど人々を魅了し、熱狂させたのか、その秘密を探った。ツイッターのように一文で製品やサービスを表す、ポイントを3つにする、簡単そうに見せる…。紹介されるやり方を正確に学べば、彼同様、聞き手の心を動かす話をすることは可能だ!

要約

ジョブズのテクニックとは

 聴衆を魅了することにかけて世界一のコミュニケーターは、スティーブ・ジョブズである。

 ファンも投資家も顧客も、彼の姿を楽しみにアップル関連のイベントへ参加する。

 聞き手の心を動かす、ジョブズのプレゼンテーションのテクニック。それは、次のようなものだ。

一番大事な問いに答える

 聴衆は情報を求めている。製品に関する情報を手に入れ、その使い方を学びたい、と思っている。

 しかし、人々が一番知りたいのは別のことだ。なぜ、それに注目する必要があるのか、である。

 プレゼンテーションを準備している時、忘れてはならないことがある。プレゼンテーションの対象が自分ではなく、聴衆であることだ。

 聞き手は「なぜ気にかける必要があるのか」と必ず自問している。まず、この問いかけに答えてあげれば、聴衆を話に引き込むことができる。

 聞き手を儲けさせる製品なら、そう伝えよう。作業がやりやすくなる、あるいは楽しくなるものなら、そう伝えよう。なるべく早い段階から、くり返し、はっきりと伝えよう。

 ジョブズの話は人を惑わせない。新製品や新機能を実現している技術の説明に入る前に、そのコンピューターやミュージックプレーヤーで、人々の体験がどう良くなるのかを説明するからだ。

ツイッターのようなヘッドラインを作る

 「マックブック・エア。世界で最も薄いノートパソコンだ」

 アップルの超薄型ノートパソコンの発表に際し、ジョブズが使った表現である。こうしたヘッドラインと呼ばれる短い文章で製品を的確に表現し、彼は、新製品に曖昧な部分が残らないようにした。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法

スーザン・ケイン 講談社(講談社+α新書)

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

山口 周 大和書房