2014年2月号掲載

ゲーミフィケーション集中講義

Original Title :FOR THE WIN: How GAME THINKING Can Revolutionize Your Business

マネジメントマーケティングスキル・能力開発
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

表題の「ゲーミフィケーション」は、最近、注目されつつある概念で、企業活動などに「ゲーム」を活用すること。ゲームというと単なる遊びのイメージが強いが、うまく使えば、人を動かし、ビジネスに革命を起こすことさえできるという。その理論から実践までを、名門ビジネススクールで、世界初のゲーミフィケーションコースを担当する著者たちが徹底解説する。

要約

ゲーミフィケーションとは?

 ソフトウェア業界の巨人、マイクロソフト。

 同社製品の「ウィンドウズ」や「オフィス」を利用する人々は数億人に上る。こうしたソフトウェアシステムの構築には何百人もの開発者が携わり、繰り返し修正が加えられ、世界の主要言語ごとに多数のバージョンが作製されてきた。

 これほど複雑なソフトウェアシステムになると、どうしてもバグなどのエラーが生じるものだ。

 ロス・スミスがリーダーを務めるテストグループは、そうしたバグを探し出す業務を担当していた。それは、とんでもなく大変な仕事だった。

 品質を確保するには、大勢の人々が様々な特徴、使用状況、各言語のダイアログボックス(ユーザーに入力、選択、確認などをしてもらうために表示されるウインドウ)を目視で確認するしかない。

 問題は、単に規模の大きさだけではない。厳密なテスト用ソフトウェアはたいてい死ぬほど退屈なのだ。マイクロソフトのように豊富な人材や資源を擁する大企業でさえ、自社製品をきちんとテストできる人材を確保するのは容易ではない。

 そのような中で、スミスが選んだ解決策は、ゲームを使うことだった。

 彼のグループは「ソフトウェア品質ゲーム」という概念を他に先駆けて開発し、テストのプロセスを魅力的で楽しい経験へと一変させたのである。

 「ランゲージクオリティゲーム」は、世界中の社員を募って、暇な時間に「ウィンドウズ7」のダイアログボックスをチェックしてもらう。

 疑わしい言葉を1つ見つけるたびにポイントが与えられ、そのポイントに基づいて、ランキング・リストが公表される。その表には、個人スコアと地域別スコアが掲載された。

 このランゲージクオリティゲームは、競争のダイナミクスを生み出した。参加者は個人的に勝ちたい、自分の言語を勝たせたいと思ったのだ。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

直観を磨く

田坂広志 講談社(講談社現代新書)