2011年7月号掲載

ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 ロイヤルカスタマー進化論

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

顧客の中でも、特にロイヤルティの高い顧客、「ロイヤルカスタマー」が企業の業績に与える影響は大きい。商品を購入するだけでなく、口コミによって商品を推奨し、建設的な意見を提供してくれる彼らは、企業にとって重要なパートナーだ。本書では、このロイヤルカスタマーをソーシャルメディアの活用によって育む方法を、各種の成功事例とともに紹介する。

要約

ロイヤルカスタマー育成シナリオ

 企業のマーケティング活動は、「アクイジション(新規顧客獲得)」と「リテンション(顧客維持)」の2つに大別される。

 従来は、リテンションよりアクイジションに力が注がれてきた。だが、新規顧客を獲得するには宣伝広告費、販促費等、かなりのコストがかかる。

 特に近年、GDP実質成長率が伸び悩み、人口減少時代を迎えた国内市場では、アクイジション中心のマーケティングは難しい。収益性を高めるには、既存顧客の維持率の向上を考えざるを得ない。

 そして、その既存顧客の中でも、特に重要なのがロイヤルティの高い「ロイヤルカスタマー」だ。

 ロイヤルカスタマーが企業にもたらす経済的価値は、「購買価値」「口コミ価値」「情報価値」の3つに分けることができる。

 購買価値とは、継続的に商品を購入してくれたり、別の商品を購入してくれることである。

 口コミ価値とは、口コミによる推奨のこと。

 情報価値とは、建設的フィードバックのことだ。ロイヤルカスタマーは、企業やブランドに対して「もっとこうしてほしい」といった要望を、建設的な形で提供してくれるありがたい存在である。

 では、どうすればロイヤルカスタマーを育成できるのか。そのステップは、次の5つからなる。

①ロイヤルティを把握する

 ロイヤルカスタマーを育成するには、現状のブランドに対する顧客ロイヤルティを把握することが先決となる。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

パーパス経営 30年先の視点から現在を捉える

名和高司 東洋経済新報社

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔 日経BP

アフターデジタル2 UXと自由

藤井保文 日経BP

BCGが読む経営の論点2022

ボストン コンサルティング グループ(編) 日経BP