明日を支配するもの

Original Title :MANAGEMENT CHALLENGES FOR THE 21ST CENTURY

マネジメント文化・思想・歴史
要約をPDFファイルで読む 要約をPDFファイルで読む

※『TOPPOINT』にお申し込み頂き「月刊誌会員」にご登録いただくと、ご利用いただけます。

※最新号以前に掲載の要約をご覧いただくには、別途「月刊誌プラス会員」のお申し込みが必要です。

著者紹介

概要

「21世紀のマネジメント革命」が副題。「これから起こる変化は、19世紀半ばの第2次産業革命や、大恐慌や、第2次大戦後の構造変化よりも急激である」という著者が、21世紀のマネジメントを見通す。破局的な少子化等、今後の経営で前提とすべき変化を挙げ、具体的になすべきことを提示。これからは労働者が自らをマネジメントする必要があると説く。

要約

経営戦略の前提が変わる

 21世紀という「急激な変化と不確実性の時代」にあって、企業が自らの経営戦略の前提とすべきものは何か。それは、次の5つである。

①先進国における少子化

 最も重要な21世紀の現実は、破局的ともいうべき少子化の進行だ。すでに欧州と日本では、出生率が人口を維持できないところまで下がった。

 ここで重要なのは、人口の総数よりも年齢構造である。15歳未満人口はごくわずかとなり、60歳以上人口が圧倒的に多くなる。

 過去200年間、企業は人口が増加することを前提としてきた。だが今や、若年人口の減少を前提に、経営戦略を立てなければならなくなっている。

②支出配分の変化

 人口構造の変化同様、支出配分の変化も重要だ。

 企業は、売上の増減を気にする。だが、本当に重要なのは、顧客の全支出のうち、自社が提供するカテゴリーの製品やサービスに使ってもらっている割合についての数字である。

 支出配分の変化は、経営戦略のための基本的な情報である。なぜならば、支出配分は一度落ち着くと、長い間そのまま続くからである。

 20世紀における成長分野は、政府、医療、教育、余暇だった。だが、余暇はすでに成熟部門であって、衰退部門でさえあるかもしれない。先進国では、労働時間の減少は底をついたとみられる。

 医療と教育の2つは、今後とも成長部門であり続ける。人口構造の変化のためである。だが、教育の分野では継続教育に重心が移るなど、部門内の様相は一変する。

③コーポレート・ガバナンスの変容

 最近の50年間において、先進国では中流階級の出現と平均寿命の伸長が、年金基金と信託基金の発展をもたらした。その結果、今日ではそれらの機関が米国の全上場株式の40%以上、大企業の株式の60%を所有するに至っている。

 企業は誰のために経営するのかというコーポレート・ガバナンスに関わる問題の背後にあるものが、この変化である。株主利益への急傾斜の背後にあるものも、この変化である。

この要約を読んだ方は、
他にこんな要約も読んでいます。

共感経営

野中郁次郎 日経BP・日本経済新聞出版本部

プロフェッショナル経営参謀

杉田浩章 日経BP・日本経済新聞出版本部

禅とはなにか

鎌田茂雄 講談社(講談社学術文庫)

白人ナショナリズム

渡辺 靖 中央公論新社(中公新書)